発売日を忘れてはいけない

偶数月の15日といえば、雑誌『赤すぐnet』の発売日。

妊娠・出産を経て、普段はめっきり出不精になってしまった私ですが、楽しみにしている『赤すぐ』の発売日には決まって本屋さんに出かけます。

発売日当日であれば、『赤すぐnet』はたいてい店頭で見つけることが出来るのですが、ごく稀に数日忘れてしまっていた場合なんかには大変です。

近所には、私と同じく『赤すぐnet』の発売日を楽しみにしている妊婦さんやママが多いらしく、書店から姿を消してしまっているという悲しいケースもあるんです。
そんな時には、近所のコンビニをいくつかハシゴして、ようやく『赤すぐネット』に出会えるんです。

やはり発売日を忘れてはいけません。

今では手帳に☆印をつけて、『赤すぐ』発売日だけは忘れないようにしています。こうなってくると、もう『赤すぐ』マニアの域ですね。

『赤すぐnet』との最初の出会いも15日

思えば、最初に『赤すぐnet』の雑誌と出合ったのもいつだかの15日、発売日当日でした。

当時の私は妊娠・出産はもちろんのこと、まだ結婚すらしていませんでしたが、可愛い赤ちゃんがにっこりと微笑む『赤すぐ』表紙に惹かれ、思わず手に取ったものです。

「発売日当日にこんな雑誌を買うなんて、お店の人に『この人は妊娠中か、もしくはすでにママなんだ』なんて思われてしまうのでは」と、かなり自意識過剰なことを妄想していました

今思うと、かなり恥ずかしい妄想です。発売日に『赤すぐ』を買っていったからといって、お店の人は特に何も意識しないだろうし、“だたのお客さん”のひとりに過ぎないのに。

『赤すぐ』の発売日というと、必ずといっていいほど、昔の自分の赤っ恥エピソードを思い出してしまいます。私と同じような方、他には・・・いませんよね。

偶数月の15日は必ずチェック!

恥ずかしい思い出はありつつも、『赤すぐnet』の発売日が近づくと毎回心がウキウキする私。

学生の頃、毎週楽しみにしていた漫画雑誌の発売日にも似た心境になります。
漫画の場合には「続きが読める!」ことを心待ちにしていましたが、『赤すぐ』の場合には「また新しいアイテムをたくさんチェックできる!」に加えて「気に入ったものがあれば買っちゃおうかな」という別の楽しみもあります。

これは、通販カタログならではの醍醐味ですよね。読んで嬉しい、注文して嬉しい、さらには届いて嬉しい・・・。いろんな「嬉しい」がやってくるから、『赤すぐ』はやめられないんです。

というわけで、偶数月の15日は『赤すぐネット』の発売日。皆さん、必ずチェックしておいて下さいね!